ネットワークビジネス9つの嘘とは?

ネットワークビジネス9つの嘘とは?

ネットワークビジネスをされている方は、意図的に「嘘」をついた訳でもなく、ついうっかり「オーバートーク」になってしまい、結果として「嘘」ついてしまったという経験があるかと思います。

binta

当たり前ですが、嘘はつかないと皆さん思っていますが、嘘をつかれないためにも「9つの嘘」があることを知っていれば危険を回避できますね。

「9つの嘘」とは次の9つのようです。

嘘その1: 誰にでも簡単にできるよ。

嘘その2: 世界中の人達が見込み客だ。

嘘その3: セールスじゃない。

嘘その4: ABCで簡単リクルート。

嘘その5: 商品が勝手に売れる。

嘘その6: 伸びている会社だから大丈夫。

嘘その7: 組織を自動構築、ノルマが無い。

嘘その8: 早く参加した者勝ち。

嘘その9: 成功できると信じれば、きっと成功できる

「9つの嘘」ってどうなの?

dou

嘘その1: 誰にでも簡単にできるよ
ネットワークビジネスは、経験も資格も必要ありません。
誰でも簡単に始められて、成功できます。
というような宣伝をしている方がいたら、よく内容を聞いてください。
世の中に「誰でも簡単に儲かるビジネス」など、存在しません。
また、誰でも簡単に成功できますという言葉もよく聞きますが、これも、
誰にでもできたら、みんな成功しているはずです。
ネットワークビジネスの勧誘をされて
『誰にでも簡単に出来るよ』と言われた場合は
何が簡単に出来るのかをしっかり理解することが大切ですね。
じゃないと、理想と現実の違いにギャップを感じてしまいます。

嘘その2: 世界中の人たちが見込み客
ネットワークビジネスは基本的に友人知人の勧誘です。
世界中で展開しているインターネットビジネス等であれば可能ですが、殆どは自国のみでの展開です。

嘘その3: セールスじゃない
一般の販売は物を売って仕事は終わりですが、ネットワークビジネスは登録してからがスタートです。
自分の体験を素直に伝えて、商品の買い方、売り方を教えるのが仕事です。
まるっきりセールスじゃない・・・微妙なところがあります。

嘘その4: ABCで簡単リクルート
A=アドバイザー(説明役)
B=ブリッジ (橋渡し役)
C=クライアント (お客さん)

それぞれの頭文字をとっています。
まずは橋渡し役からスタートして説明役に繋ぎますが、
応援してもらうと成約率は確実に高まりますが、
「行くと買わされる」「行くと騙される」と警戒されABCまでもっていくのが大変です。

嘘その5: 商品が勝手に売れる
勝手に売れてしまう商品ならば、その会社が小売店はじめればいいわけです。
販売員がいるからには、説明・説得が必要なわけですよね。

嘘その6: 伸びている会社だから大丈夫
確かに伸びている会社ならこれから有望な会社で期待できるかもしれません。
しかし、自分が儲かるためには相当頑張らないといけないですよね。

嘘その7: 組織は自動構築、ノルマがない
「あなたの組織が自動構築され」「ノルマがない」としたら、
ネットワークビジネスを諦めて辞めてしまう人は誰もいないと思います。
友人知人を誘うといった活動もする必要はありませんよね。

嘘その8: 早く参加した者勝ち
早く参加したからといって成功するわけではないです。
収入プランは平等なのですから。ただ、先に参加したほうが、自分もその分経験がつめ、
ダウンもできやすいと思います。

嘘その9: 成功できると信じれば、きっと成功できる
成功するには、精神論も大事かもしれませんが、信じただけでは成功はしません。
間違った方法を何回繰り返しても、答えは失敗にしかなりません。

ネットワークビジネスで失敗しない方法とは

success